採寸・取付

知っておきたい下地のこと、採寸のこと、取付けのこと

ちょっとしたテクニックを知っているだけで、意欲のある方ならオーダーカーテンレールをご自身で安全に設置することができます。 確かに器用・不器用の個人差はありますが、苦労して取付けたものは愛着もひとしお。

皆さんもカーテンレール取付けにチャレンジしてみませんか?

取付け可能な位置

カーテンレールを取付けるにあたって一番肝心なことは、取付けるためのビスをしっかり固定できる木下地があるかということです。
ビスを木部に固定できなければ、カーテンレールはいつか脱落します。

カーテンレールを自分たちでDIYするなら、建築段階で窓まわりの木下地(もくしたじ)の位置を確認するようにしましょう。 記録写真を撮っておくことは、将来いろいろな場面で役立ちますのでぜひ実行してください。

写真を撮るタイミングは、左のように石膏ボードを貼る寸前の段階です。窓木枠に直接カーテンレールを取付けるなら必要ありませんが、 できれば新築ですから建具などに余分なキズはつけたくありませんよね。

写真をクリックして拡大しますとよくわかりますが、窓まわりには木下地があることがわかります。この位置をしっかり覚えておけばカーテンレールの設置も失敗することは無いでしょう。

ただ正面の小窓は窓上せいぜい3~4cm程度の幅しかありませんので、装飾レールなど窓上15cm程度上部に設置するときは注意が必要です。両端にある縦方向に伸びる桟を利用してブラケットをつけるか、左面掃き出し窓上部のように壁面全体を木下地にしてしまう必要があります。または石膏ボードの代わりに、同じ厚みのコンパネ(ベニヤ板)を貼ってもらいましょう。装飾レールは、好きな高さに設置できることになります。

レールのサイズを決める

カーテンレールの長さは、窓の幅に合わせて決める必要があります。一般的には窓の幅に対して、カーテンレールを左右それぞれ10cm長く伸ばします。それはカーテンを出来るだけ左右に寄せて、窓の開口部を広く確保して外光を室内に取り入れるためです。
レールのタイプや機種によって、レールの長さの決め方ルールがあります。各商品ページにそれぞれのは借り方を紹介しておりますので、詳しくは商品ページをご覧ください。

ところで窓の左右に10cm以上の空きがあるとは限らず、5cm程度だったり全く無かったりします。そのような時はしかたがありませんので、壁一杯までの長さを加算しましょう。

えーっ、それじゃぁ左右で長さがアンバランスになるじゃないですか!という声が聞こえてきそうです。(;^^)

本当は設計段階でカーテンのセッティングを考えて窓配置も考慮していただけると良いのですが、出来上がってしまってからはどうしようもありません。

もしアンバランスはどうしても避けたいとお考えなら、カーテンレールスタイルではなくてシェードタイプにされてはいかがでしょうか。シェードなら幅は最低でも窓枠横幅いっぱいで間に合いますので、すぐ横が壁の窓でも、バランスよくカーテンを設置することができます。

取付けに必要なもの

カーテンレールは木下地さえしっかりしていれば、一般のかたでもドライバー1本で取付けができます。ただ新築など住宅丸ごと一軒分となりますと、窓数も多くて手作業では大変になります。
そこでもし可能であれば、次に紹介する道具をご用意ください。また作業はお一人よりも、お二人のほうが安全に早く確実に行えます。

PAGE TOP